診療受付時間…(午前)8:30~13:00(午後)15:00~18:00 休診日… 土曜午後・日曜・祝日 TEL:048-963-2100

埼玉県、越谷市、胃腸科、内科、吉村胃腸科クリニック、内視鏡、胃カメラ、大腸内視鏡

NBI検査

携帯サイトが
ご覧頂けます。

HOME»  NBI検査

増え続けている癌

近年、わが国において、癌にかかる患者様の数がますます増えてきています。
その一方で、内視鏡や外科治療、化学療法、放射線治療法といった医療技術の進歩によって、癌は早期に処置すれば治る可能性のある病気です。
胃や大腸に出来た癌は、早い段階であれば内視鏡で治癒できる時代になっています。

そもそも、癌ってどんな病気?

癌細胞とは、細胞の中のDNAが傷つけられることで発生する、異常な細胞のことです。
癌細胞は血管から栄養を奪って増殖を繰り返し、毒素を出しながら大きくなり、癌組織となって臓器の働きを妨げます。そして、進行すればするほど、生命がおびやかされることに・・・。しかし逆に言えば、がんを見つけるのが早ければ早いほど、治る可能性も高いということです。

癌の早期発見のために

癌が早く見つかれば、大きな手術をせずに内視鏡で取り除ける可能性が高くなります。
しかし、初期の癌は自覚症状がほとんどありません。早期発見のためには、自覚症状がない段階でも定期的に健診を受けることが重要です。
内視鏡検査は、負担の少ない極細内視鏡や鮮明な高画質画像を得られるハイビジョン内視鏡が登場するなど、どんどん進化しています。特に近年は、NBIという技術を用いた内視鏡検査が注目を集めています。

NBIって何?

NBIとはNarrow Band Imaging(狭帯域光観察)の省略をいい、特殊な光を使って粘膜表面を観察する、内視鏡の新しい技術です。
がんの早期発見につながる技術として、世界中の医療現場での貢献が期待されています。

癌の早期発見につながる新しい内視鏡技術NBI

なぜNBIは早期発見につながりやすいの?

癌細胞は血管から栄養を補給して増殖するため、癌の始まりには近くに小さな血管が集まりやすくなります。
NBIは、こうした特微に強く反応する特殊な青い光を照らして観察を行う技術です。
つまり、特殊な光の力で初期がんの特徴的な変化をわかりやすく照らし出すから、通常の光での観察より早期発見につながりやすいといわれているのです。

NBIって大変な検査なの?

NBIを用いる検査は、内視鏡の画像をボタン一つでNBIに切り替えるだけなので、受け方は通常の内視鏡検査とまったく同じです。また、対象の部位も「食道」「胃」「十二指腸」「大腸」「気管支」など、幅広い領域でNBIを使うことができます。
皆さんの健康や安心のために、NBIを導入しているお近くの施設で、早期発見につながる検査を受けられることをお薦めいたします。

提供 OLYMPUS

Top